• NESプラクティショナー
  • クライアント
 

□NESプラクティショナーからの声

NESのトレーニングマネージャーであるDavid PrestonのNESアメリカ本部への視察の際にアメリカの主導的立場であるNESプラクティショナーのデボラ・ホルツとのインタビューパート1

deboraまず最初にあなたがデボラ・ホルツに会って衝撃を受けるであろう事は,彼女の情熱でしょう。
彼女の熱意ーそれは知識であり、健康の問題を解決し、元気でいる事を手助けする為の決意ーは伝染します。

デボラは米国のトップNESプラクティショナーの一人であり、NESの施術歴の長さもトップクラスです。NES歴8年目の今日、彼女はノースカロライナのバーリントンで週に50~60名のクライアントを施術しています。そして既に3ヶ月先の予約が常に一杯の状況です。

私が彼女に最初に会ったのは2010年の英国でのマスタークラスのカンファレンスでした。参加した皆がまず最初に驚いた事は、彼女はほとんどクライアントに対して質問することなく、クライアントの問題の本質を掴む特殊な能力です。

”全てはスキャンの中にあります。”と彼女は言います。
”あなたは既に答えを見て知っているのです”

私はデボラに"もし宜しければ、あなたの成功の秘密をシェアーしてもらえませんか?"と尋ねました。"もちろんです”
"私は、世界中のNESプラクティショナーと共に、もっとNESが普及してほしいと思っています”と彼女は答えました。
その秘訣のインタビュー、パート1

Q: 最初にどのようにNESを知ったのですか?

Deborah H: 私は化学的な背景ー生物学、化学、栄養学を持っています。
私は24年間、医師から委託された栄養士として成功していました。

しかし私は、これまでの栄養的なセラピーだけが、クライアントが成すべき事かと思い始めました。
そこで、クライアントの問題の本質を見つけるためのより深く知れる何か他のものを探し始めました。

ある日、私は友人の医師に細胞に直接語りかける方法を尋ねました。
そのような方法は存在しないと彼は言いました。
しかし私は出来るはずだと確信していました。
その時、私は近くにNESを使い始めたカイロプラクターがいる事を聞きました。彼にコンタクトしてデモンストレーションの予約を取りました。

彼は私をスキャンして、スキャン結果を見せてくれました。
彼は体がエネルギーフィールドと情報によってどのように調整されているか、そしてどのように分析され、もし必要なら、強化し修正することを説明してくれました。私はこれこそが私が探していたものであると確信しすぐに、NESディストリビューターにコンタクトしました。

Q: どのようにNESの経験を積んできましたか?

Deborah H: 最初は私の栄養アドバイスを受けていた既存客にNESシステムを使いました。
しかしすぐに噂になり、新しいクライアントがNESセラピーを探し当てて私の所に来始めました。
全ては口コミです。一度も広告を出したこともありませんし、ホームページも必要ありません。
私にとってNESそれ自体がプロモーションなんです。

Q: あなたは最初のスキャンをどのように行っているか教えて頂けますか?

Deborah H: 最初のセッションは約1時間で、その後は45分です。
最初はケースヒストリーを取ります。クライントのバックグラウンド、現在の問題、どのような医療を現在受けているか、手術の経験等です。
そして同意書にサインしてもらいます。
私は質問は最小限にしています。クライアントはよく私が本当に聞きたい事以外の事を話しますがそれは必要ないし、全てはスキャンの結果の中にあるのです。
それは毎回本当に正確に表示されている為、クライアントを常に驚かせています。

Q: それからどうするのですか?

Deborah H: 同意書の後にスキャンします。 スキャナーの上に手を載せてもらい、スタートボタンを押します。
次の点は明確にする事が重要です:まず疑わないこと。
特別に何かをこころの中でフォーカスする様にクライアントに頼んだり、沢山の質問をスキャン前にする必要はありません。

スキャンはそこに何があり、何を知る必要があるかを私たちに伝えてくれるでしょう。
それから、私はクライアントにスクリーンを見せてそれが何を示しており、エネルギーとは何かを良く理解してもらうため、赤があろうがなかろうがそれがどういう意味か、HBFとはどのように構成されているか等をクライアントに説明します。

次に、赤とオレンジを探して、クライアントにそれを見せます。そしてボディー・フィールドのどこが一番障害が起こっており、何を調整する必要があるかを説明します。
クライアントは、自分に本当は何が起こっているかを正確に理解する必要があるのです。

Q: あなたの栄養士としてのノウハウを使いますか?

Deborah H: スキャンの説明をする時は、私の過去の経験や他の規則的なことは引き合いには出しません。必要ないからです。しかし、科学、生物学、解剖学、心理学の知識はフル動員して使っています。

あなた方もNESの経験が積んで行く中で、スキャンのパターンにお気づきいなる事でしょう。
例えばED3が赤やオレンジでスプリーン(ED14)やストマック(ED8)が同時に表示されたら、EI3(粘膜ー小腸経)やEI7(血液ー胆経)も表示されるかもしれないことを想像するでしょう。これは、免疫システムフィールドの障害です。

Q: それでは、あなたがしなければならない全ては、クライアントをスキャンし、インフォスーティカルを手渡すだけなら、なぜあるNESプラクティショナーは他のNESプラクティショナーより成功するのでしょうか?

Deborah H: クライアントの仕事はインフォスーティカルを指示通りに飲む事です。そしてNESプラクティショナーの仕事はクライアントを教育し興味を与えることです。そうすることで彼らはシステムを信頼し、インフォスーティカルを飲む事を続けてくれます。プラクティショナーはスキャンが何を示しているか毎回言葉で説明しなければなりません。
システムをより理解することが、より良い説明に繋がり、そして良い結果を生み出します。これが私の成功の秘訣です。

次回パート2に続く

Part Two

Q: 2回目にセッションと、それに続くスキャンについてお話下さい。

Deborah H: クライントの2度目のスキャンに訪れた時は、私はいつも最初のスキャン結果のコピーを参照します。
その変化を表示してフィールドがどのように開示し始めたかを説明します。
私たちが次のレベルに進んでいるータマネギの層を剥くようにー事をクライアントに話します。
そして前回と同じようにスキャンをして、そこに何がありそれがかれらの状態とどのように関連しているかを説明しインフォスーティカルをあげます。

Q:状態が改善しないクライアントにあなたは何と言っていますか?

Deborah H: それはめったにありませんが、もし彼らが前回のセッションから何の変化も感じなかったらまず最初にちゃんとプロトコル通りに飲んだかどうかを尋ねます。
それから、言います。OK。あなたのボディー・フィールドが何と言っているか一緒に見てみましょう。
私は前回のスキャンを見て、その変化を見つけます。
その変化は、時にはとてもささいなものです。ですから例えばもし胃のフィールドが前回表示されていて、クライアントが現在胃の不調を感じていなければ、それは肯定的な変化です。
私は彼らが持っている問題に関係するのがどのエネルギーフィールドの障害なのかを示します。
ですから、もし彼らが高血圧なら、私はスキャンの中でそれがどこに現れているか説明します。
もし、数回来ても血圧に何の変化もなければ、ボディー・フィールドの修正と実際の肉体的な変化との間には時間差が起こる事がよくある事を説明します。
もし、EI7(胆経)が表示されたら、私は”首の痛みがないか?”を尋ねて痛みを感じていれば、次のセッションでその首の痛みが改善しているかどうかを聞きます。

私はいつも、慢性的な問題を持つ新しいクライアントには、ヒーリングプロセスには時間がかかる事を説明します。
場合によっては2~3年かかることもあります。
私は我慢強く、続けることを話し、時間を与えることがその過程を機能させることだと言います。
私は、彼らが現在の状況になるにはそれなりの時間がかかっているはずで、
それを元の状態に戻すには、それ相応の時間が必要であることを思い出してもらいます。
私は、彼らに自分の健康に対して責任を持ってもらうことで彼らを励まします。
これはチーム作業なのです。私だけではできません。
もし彼らが私に全ての責任を持たせようとするなら、かれらに、ボールを私から取り返してそれをドリブルする様に言います。
次は、彼らのボールなのです。

Q: ちょっと意地悪な質問をしますが、NESセラピーはプラシーボで、それはプラクティショナーの能力と自信によって良い結果が出ているだけであるとNESを批判的に言う人がいてとしたら、あなたは何と言いますか?

Deborah H:それはまったく見当はずれです。
NESはあなたが信じようが信じまいが、効果的です。
しかし、もしプラクティショナーがクライアントに対してこれが機能する事が不確かであれば、クライアントは多分NESが正しく機能する前に飲むのを止めてしまうでしょう。
私はプラクティショナーが成功していない事を聞くと、彼らがシステムを理解するために十分に勉強しているかどうかを疑います。
私がシステムを買って最初にした事は、ヘルプファイルを記憶する事に時間をかけたことです。これが私が且つて行った最善のことです。
なぜなら、これによってスキャン結果からパターンを見れるようになり、何が起こっているかを素早く理解することが出来るようになったからです。
それに、クライアントの前でヘルプファイルを読み上げることは、あまりスマートでないし飽き飽きすることですものね。プロっぽくないでしょ?!
それに自信を持って啓発しているって感じでもないですし!

Q: あなたはmiHealthを使っていますか?

Deborah H: いえ。まだ使っていません。でも使う予定です。
私はそれがProVisionをどのように補助してくれるかとても楽しみにしています。
特に慢性的な痛みを持つクライアントがいたら、使ってみたいです。
それは多分、エナジーフィールドをより素早くオープンにして、プロセスもスピードアップしてくれることでしょう。

Q: 新しいNESプラクティショナーに対して何かアドバイスがありますか?

Deborah H: 3つあります。 
NO.1:システムを学んで下さい。 
上級レベルを目指す前にファーストグレードをパスしなければなりません。
システムを使ってください。それは使うために作られているのですから。それから離れることに何の利益もありません。その通りにすれば、そのパワーをあなたは見つけることができるでしょう。
NO.2:プロトコル通りにして下さい。
それで機能します。ですから、自信をもってその通りに使って下さい。
大切な事は、あなた自身、そしてNESプラクティショナーとして、そしてシステムに対して自信をもってクライアントに内容を説明することです。
NO.3:プロフェッショナルになることです。そしてビジネスライクになることです。他のだれもあなたの仕事に責任をもってはくれません。あなたの仕事です。NESはあなたと共に仕事をしてくれますが、責任はあなたにあるのです。
Q: どうもありがとうございました。

ロリリン・K・ラッチマン(Lorilyn K. Lachman)

私はNESを使用して約1年になる。
私は46年間1型糖尿病を患っており、
線維筋痛症、変形性関節症、他の疾患もあった。

私は第3期の終わりから第4期の初めの腎疾患と診断された。
私は8ヵ月間、インフォシューティカルのプロトコルを実施している。
腎疾患は第1期になった。

医師は私が腎疾患である理由がわからず、改善を説明することもできなかった。私には線維筋痛症も関節症の痛みもなかった。

私はブリットル型糖尿病で、インスリンの必要性は激減し、
身体の高血糖に対処する能力も改善した。

クライアントについて言えば、私は52歳の女性にNESプログラムを
開始したばかりである。

長年の間、彼女はコントロール不良の高血圧に苦しんできた。
医師は多くの高血圧治療薬を処方したが、数値は高値であった。
彼女は、6年ぶりに血糖値が正常範囲になったと報告してくれた。

もう1例を紹介する。
私は45歳の女性を2ヵ月間診察している。
彼女は大うつ病で、双極性障害と診断された。
彼女は、疲労、疼痛、自殺念慮、極度の不安に苦しんでいた。

NES開始後、女性は以前よりずっとエネルギーがあり、将来の希望もある
全ての症状は徐々に消失しており、彼女には生きる意志がある。
彼女によれば「人生で初めて、何かが上手くいっている。」そうである。

 

ジェイソン・シクズコウィクズ(Jason Siczkowyez)自然療法医

肯定的な事例を臨床でのフィードバックにしたかった。
一人の紳士が1ヵ月前に私のところを受診した。
慢性高血圧で、長い間平均血圧は170/90台であった。
彼は薬を服用していたが、副作用のため中止していた。
NESでは細胞ドライバーと肝臓ドライバーが示されたため、
私はそれを処方しただけである。

昨日、フォローアップの診察をしたが、過去2週間の平均血圧は
130~120/80台であった。
フォローアップの検査では細胞ドライバーと肝臓ドライバーは0であった。
このことは、患者が血圧の薬を飲んでいる場合、血圧の低下に注意し、
薬を漸減する必要の重要性を示している。

この紳士は、私に会うずっと前から休薬を決めていたため、
初めは非常に血圧が高かった。

そのため、私にとっては有効性を評価する良い機会であった。
もう一人の紳士は、急性膀胱感染と診断され、抗生物質の使用を拒否した。

それが彼の選択であったため、私は抗生物質を使用するようには言わなかった。
全テスト中高値であったのは、EI 5(膀胱/リンパ)、EI 8(微生物)、
肝臓ドライバーであった。

一人の女性が慢性疲労症候群で受診した。
特に栄養スクリーニングで鉄が2逸脱していた。
彼女は私に会った直後に一般医を訪れ、血液検査で鉄分とフェリチンが
低値であることが判明した。

彼女は、鉄分が少ないかもしれないと私が示唆したことをその医師に告げたが、
医師はコンピュータでどのようにしてわかるのか不思議がった。

ランディ・イートン(Randi Eaton)認定マッサージ・ボディワーク療法士

私のクライアントは母親であり、妻であり作家である。
彼女は、1980年代にある製造業者が流通させた汚染された
L-トリプトファン(今日まで特定されていない遺伝子組換え細菌)
を飲み死にそうになった。

好酸球増多筋痛症候群(EMS)は、複雑な全身症状で、
このL-トリプトファンと直接の関係がある。
最初の年だけで50人近くが死亡した。
私のクライアントもその一人になるところであった。
彼女は線維筋痛症、慢性疲労症候群、ニューロパシー(現在は末梢ニューロパシー)
および肺障害などが16年間あった。

彼女は、過去10年以上、間欠的なうつ病に苦しみ、身体の疼痛、微熱の再発、
自己免疫障害、近年は甲状腺機能低下、軽度の結腸炎があり、
最近、脂肪肝と診断された。

彼女は集中できず、疲れやすいと報告している。
NESプロトコルをわずか2つ実施した後で、彼女は症状の著しい改善を経験した。
彼女は最近「非常にエネルギーが高まったことが信じられない。

今日、私はお祈りをし、朝食をとり、カーブズに行って運動し、
帰宅してシャワーを浴びて髪を整え、学校に行き、
10歳の「危機に直面している」学生に1時間指導し、
友達と昼食をとり、思い立って彼女と買い物に行き、帰宅して30分休憩し人にあって短時間で夕食をとり、1時間ルンバのクラスに行き、帰宅して、
休んで、シャワーを浴びて、今あなたにメールしています。

この16年間こんなことは不可能であったことをあなたは信じられないでしょう。
本当なのです。・・・私はこんなに活発になれて興奮しています。

あなたがしてくれていることに感謝してもしきれませ。」と伝えてくれた。

 

 


 

 

 

□体験者からの声

オーストラリア、ノースクィーンズランド

私の仕事は座っていることが多く、9時から5時までオフィスで働いているので、
終業後にサイクリングをして有酸素運動を増やすことに決めた。

数ヶ月後に、私はエネルギーが消失し、家の周囲をやっとのことで自転車で
走れる程度になってしまった。
そこで、ピーター・フレーザーに連絡をとることにした。

NESの結果はあまり良くなかった。
(私のボディ・フィールドの)適応性は、身体がある種のダイオキシンにエネルギー的に汚染されているということであった。
この毒は近所の化学処理工場で生産され、出荷されていることを知っていた。
私は、幸にもピーター・フレーザーとインフォシューティカルのおかげで
肝臓細胞がエネルギー的に機能を取り戻した。

ピーター・フレーザーとのさまざまな治療後数年で私の健康と一般的な
活力は劇的に改善した。
白髪が抜けなくなった。

私は、毎朝何とかベッドからはい出るだけのエネルギーしかない疲れ果てた
52歳のサラリーマンから、毎回600kmを走る9日間の厳しい
自転車マラソンへの2回目の参加を終えたばかりの54歳のサラリーマンに変わった。

妻と友達は私を見て、どこからそんなエネルギーが来るのかと聞いてくる。
私は、ただ、ピーター・フレーザーと彼の量子生物学の研究について彼らに
話すだけである。

 

J・B

私がピーターに初めて会ったのは、何年も前のメリンブラでのことだった。
幸いにも、ある朝、彼が研究所で働くところを見ることができた。
特に印象に残ったのは、彼がしていた骨の折れる仕事の量と非常に慎重に
分析をしていたことである。

その時、私は彼にテストしてほしいと頼んだ・・・
もちろん彼に自分の病歴は教えなかった。
彼が見た目ではわからない私の健康についてどんなに知っているのか
がわかり、私は驚いた。
例えば、彼は、骨粗鬆症や消化器系の弱さなど、
長い間抱えていた問題のいくつかを指摘した。
また、彼は私に憩室炎になるかもしれないと警告することさえできた。

当時、発作はなかったが、残念ながら1年後に彼の予想が当たることになった。
私は時々ピーターのコンサルテーションを受けるが、
いつも私の健康(または不健康)の驚くべきスナップショットをくれる。
このスナップショットは、非常に具体的である。
彼の重要な研究の継続を祈っている。
そして、彼はこの分野での精神的指導者だと思っている。

A・ジェーン・ウェバー(A. Jane Webber)

私は長年医療に従事している。
ピーター・フレーザーと知り合って21年になる。
私は、彼の量子医学の分野での進歩に何度も刺激を受けた。
長年の複雑で激しい思考、熟慮、そして深い洞察により、
ピーターは、従来の学問や研究を臨床に結びつけた。

私は、直接の受益者でもあり、私の顧客を通じて、彼の発見の実施
(彼の「液体」の投与)を何度も目の当たりにした。
そして、いつも結果は本当にすばらしいものであった。

例として、私の個人的経験を2つ紹介したい。
ひとつは、1991年のビクトリアでの冬に、
非常に重度の胸部感染症に対して受けた驚くべき体験である。

私は、本当に死ぬだろうと思い、身体に抵抗力は感じなかった。
ピーターは私をテストして、オウムが運搬する「ヘモファリス」
ウイルスのエネルギー的なマッチングを示唆した。

インフォシューティカルが私の舌に触れた時から、
身体の深いメカニズムが作動し始めたのを感じ、
非常に短時間で私は完全に回復した。

もうひとつは、右胸にしこりを見つけた時のことである。
従来の医師の診察を受けると、医師はマンモグラフィーを進めたが、
私は本能的に当時どんな放射線でも既に傷んだ組織には有害であろうと感じたため、強い嫌悪感があった。

私は超音波検査を受け、放射線技師にマンモグラフィーを受けたくない理由を説明した。

技師は、全て私の想像だと言った。
私は本能を信じてピーターに相談した。

私は、液体だけをのみ、他の生活は変えなかった。
私はあらゆる種類の奇妙な感情や夢を経験した。
問題は解決したと思った。
私の母は乳癌で死んでいた。
約10週間後に私のしこりと恐怖は消えていた。

 

Kさん 東京都 生理不順、アトピー 体験1ヶ月目

レメディーを飲んだ瞬間、ぼ〜っと熱くなりました。
生理が初めて28日で来ました。 びっくり!
目に見えない自分の状態が見える(測定結果として)事にとても興味をもちました。

Uさん 千葉県 慢性的な疲労 体験1ヶ月目

体験してとてもよかったです。ホメオパシーでなかなか動きのなかった時NESのレメディーを飲んだおところ、動き始めました。しんどかったが基礎体力がアップしている実感があります。
今までのセラピーの中で一番効果が実感できました。(とにかく早い!)
今後も続けたいし出来れば、NESセラピストになりたい。

Yさん 神奈川県 感情の解放がうまく出来ない 筋肉痛 体験2ヶ月目

溜まっていた感情部分が洗い出されている感じを受けた。
胃の痛みが和らいできた。

Yさん 東京都 アスペルガー 体験4ヶ月目

体験してよかったです。
スキャン結果を知って意識するだけで、気づける部分が多いです。
インフォスーティカルを飲む事で少しずつ元気がでてきている感じがします

 

 

 

freedownroadmailmagazinepresentationtrainingcompanyinfotokushopp


"The Living Matrix""The Living Matrix"

NES HEALTH 社制作
映画The Living Matrix
いよいよ発売です。
注文はこちらから


小冊子無料ダウンロード
↓↓↓


unturnedstone

フレーザー氏が30年の歳月をかけて
読み解いたHBFとは何か?
NESの理論を知りたい方は、
日本語版無料ダウンロードできます

2008 & 2009年度
EMR賞 2部門受賞!
・ベスト代替医療機器賞 NES Pro Sys
・ベスト研究&開発賞 P.フレーザー氏
 

The Living Matrixのロスでの
プレミアショーの風景
The Living Matrixのロスでの
プレミアショーの風景2
 
新発売!
Body-Field Sound Healing
クリックすると視聴できます。
 

 

会社概要  特商法の表記  プライバシーポリシー  copylight2009 caudesign.inc All rights reserved 
dummy dummy dummy